語学留学をするための渡航費用は低コストで

語学留学はアジア諸国

語学留学をするための渡航費用は、低コストに抑えたいものです。語学留学先として人気の場所のひとつが、オーストラリアでしょう。オーストラリアは日本と時差があまりなく、旅行先としても人気ですが、比較的治安が良いため、日本からの留学生も多い国です。近年はアジア系の移民も増えており、親近感が持ちやすくもなっているようです。

語学留学の場合は自費での渡航となりますから、費用はなるべく抑えたいところです。日本からオーストラリアとなると、そこそこの渡航費用がかかるとイメージされがちですが、日付によっては28,000円で済むこともあります。この値段なら、まったく気にする必要はないレベルでしょう。現地での滞在費や学費だけ考えていればよいことになります。

ここまで航空運賃が安くなったのは、格安航空会社が就航したからです。オーストラリアは国土が広く、もともと航空運賃は安かったでしょうが、日本国内の航空運賃は非常に高いまま据え置かれていました。

ところが外国の格安航空会社が、日本と海外を結んでくれたために、成田からオーストラリアまでがそうした低料金で利用できるようになり、現在に至っています。もう、オーストラリアへの留学で渡航費用を気にする必要はなくなりました。誰にでも手に入る格安航空券を使えば、留学中に幾度も日本に里帰りもできそうです。

インターネットの普及により簡単に留学

インターネットの普及により、格安航空券は誰にでも容易に探せるようになっています。留学する前は、比較的スケジュールに余裕があることも多いでしょうから、より航空運賃の安い日付を選んで出発すればよいことになります。日付による航空運賃の差はかなり大きなものです。格安航空会社が定着するまで、日本では長らく、航空運賃は一律でした。

その頃のイメージを持ち続けている親世代は多いですから、日付によって航空運賃がかくも変動するということを、あまり考えていないこともあるかもしれません。ビジネスでの渡航なら、日付は選べないことがほとんどでしょうが、留学はそうでもありません。渡航費用を抑えるために、最安値の航空券を探して、その日付に出発することも可能です。

そうすることによって、たいへん大きな金額を節約することができます。英語圏の国に、片道28,000円で渡航できるなどということは、親世代は考えもつかないことであるかもしれませんから、費用を相当高額に見積もる場合もあるでしょう。しかし、もうその必要はないわけです。

Follow me!