留学の前に確認を フランスのマナー

フランスを始めとするヨーロッパの国々には、日本とは全く異なるマナーがあります。
知らない内にマナー違反をしてしまい、「失礼な人だ」と思われてしまうこともあるでしょう。
語学留学をする際は、マナーについて事前に勉強しておくことが重要です。

お店に入る際も挨拶を

フランスは挨拶を重視している国です。
レストランなどのお店に入る時は「Bonjour(こんにちは)」、出る時は「Au revoir(さようなら)」、注文した品物が運ばれてきた際は「Merci(ありがとう)」などの挨拶をきちんと行うようにしましょう。
日本では、お店ではあまり挨拶をしませんが、フランスでは挨拶をしないと無愛想・失礼な人だと思われてしまう場合があります。
挨拶やお礼はしっかりとしておくようにしましょう。

食事は音を立てずに静かに

日本では、音を立ててお茶を飲んだり、麺をすすったりする文化があります。
しかし、この文化は世界的に見てもかなり特殊なものです。
フランスでも、飲食の際に音を立てることはマナー違反とされています。

周囲の人を深いにさせてしまうこともあるので、注意が必要です。
また、食器がぶつかる音などにも注意しなければなりません。
カジュアルな席ではそれほど問題にならない場合もありますが、フォーマルな席ではなるべく音を立てないようにしましょう。

チップは必要に応じて

日本人が海外に行く際、最も悩むのがチップだと思います。
しかし、フランスではチップはそれほど重要視されていません。
レストランやホテルなどの料金にサービス料も含まれているので、絶対に渡さなければならないというわけではないことを覚えておきましょう。

ただし、高級レストランの場合は、食事代の10%程度を目安にチップを支払うのが一般的です。
カジュアルなお店では基本的に必要ありませんが、料理や接客が気に入った時はチップを渡すとスマートです。
おつりを受け取る際、1~2ドル程度をお礼と一緒に残しておくと良いでしょう。

フランス留学は格安航空券の利用がおすすめ

フランスへ語学留学をする際は、格安航空券の利用がおすすめです。
格安航空券を利用することで、留学にかかる費用を削減することができます。
フランスへの航空便は複数あるので、事前にしっかりと確認し、航空券を予約しておくようにしましょう。

Follow me!