カナダへ留学するときのメリットとは?

カナダは日本人が留学先に選ぶことの多い国です。
豊かな自然とのんびりとしていて優しい人々、留学生も多いので、外国人にも比較的優しい人が多いと言われています。
格安航空券でカナダに語学留学へいくメリットを紹介しましょう。

勉強する環境を比較的自由に選べる

語学留学はやはり勉強しに行くのですから、環境は大事になってきます。
カナダには落ち着いていてのんびりとした、大自然に囲まれた郊外と、賑やかで便利に溢れている大都市とで好きな場所を選んで渡航することができるのです。

日本人があまりいない環境に行きたい、寒いところが苦手だから比較的寒さの厳しくない場所にいきたいなど、様々なニーズに合った環境を選択できるのはカナダのいいところと言えます。
自分にあった環境で学ぶことで、より楽しく、より効率的に勉強することができるかもしれません。

聞き取りやすく気遣ってくれる人がいる

留学生が多いこともあり、カナダの人はあまり英語が上手でない人と話すことに慣れている人もいます。
なので多少ゆっくり目に話してくれたり、話すのを待ってくれる人もいて、英語が若干不安でも安心してホームステイできる環境が整っているのです。

特にトロントのあるオンタリオ州の英語は、発音がクリアだと言われるカナダの英語の中でも北米のアナウンサーの標準語となるほど綺麗な発音と訛りの少ない英語です。
そしてカナダは隣のアメリカに近い発音をするため、日本人が学んでいるアメリカ英語に近く聞き取りやすいとも言われています。
それも日本人が選ぶ留学先として人気の理由の一つかもしれません。

医療が充実している

海外旅行でも、突然の病気発症は恐ろしいトラブルです。
気をつけていても風邪くらいは引いてしまうのが人間というもので、語学留学をする時も心配になるでしょう。
しかしカナダの医療レベルは世界最高水準とされ、日本と同じくかなりの長寿国として知られています。

ただ、日本と同じレベルのサービスを期待すると、長時間待たされたり、いい加減に見える検査のみで終わったりと不満に思うかもしれません。
本当に重症の際は対応が早く、医療技術も最先端なので、もしもの安全は確保されています。
どうしても不安なときはセカンドオピニオンを検討すると良いでしょう。

大学時代格安航空券ジェットスターで台湾へ行く

料金を抑えて語学留学するために

一番最初は、航空券の取り方さえ理解できていないため、わざわざ航空会社の代理店まで足を運んでいまいた。
担当の方に行き先と期間を伝え、具体的な金額を提示してくださいました。対応はとても丁寧で、分かりやすかったため印象はそこまで悪くはなかったです。

しかし、航空券を購入するたびに何度も代理店に足を運ばないといけないため手間もかかりました。さらに語学留学となると何回も日本と台湾を往復する必要があり、費用がかさんでしまいました。4年間留学していましたが、留学して1年が過ぎた頃ネットで格安航空券の存在に気づきました。ネット上では、数多くの格安航空券がありました。

しかしその中で一番価格が安く、さらに時間帯や乗り継ぎの良さといった条件を満たしていた、ジェットスターを選びました。

ネットで格安航空券を予約する

あらゆる格安航空券を取り扱っているエクスペディアというサイトから、ジェットスターの航空券を予約しました。エクスペディアは、数多くの格安航空券を取り扱っているため、目的が語学留学ではなくとも、海外へ行かれる方で料金を少しでも抑えたい方にとても向いています。予約方法をとてもシンプルで、行く先と期間を検索をして、あとは出発時間や乗り継ぎ、価格などを比較して購入するだけです。

購入する際も、必要事項を記入するだけで済むので、わざわざ代理店に足を運ぶ必要もありません。航空券を購入時に保険にも加入することができるので安心して海外に行くことができます。大手航空会社の代理店で購入するよりも、往復で2〜3万円料金を抑えることができました。

実際にジェットスターを利用してみてどうだったか

ジェットスターの格安航空券を利用して語学留学をしていましたが、学生でしたら十分すぎるサービスだと感じています。

事前に航空券を購入する際に預ける手荷物を20kgに設定していたため、手荷物検査もスムーズに行うことができました。機内は、やはり格安航空会社と思わせる感じがありました。

座席と座席の間のスペースがかなり狭く、窮屈な思いをしました。さらに機内食も有料のため基本なしです。テレビモニターもついていなかったため、映画を見たりゲームをすることができませんでした。しかし台湾までの距離でしたらなんとか耐えることができました。

これがヨーロッパなど長距離の場合、厳しいかもしれません。しかし、近場のアジア圏内の場合、多少居心地が悪くても料金がかなり抑えることができるため、格安航空券を利用するのがオススメです。

オーストラリアに留学するメリットを紹介!

オーストラリアに語学留学する人はかなり多いです。
しかしなぜオーストラリアが良いのでしょうか?

格安航空券で渡航できるオーストラリアですが、ここには留学費用以外にも様々なメリットがあります。
それぞれのメリットを紹介します。

治安がいい!

オーストラリアは世界の様々な国と比べてもかなり治安が良い方の国です。
夜一人で外出するのが怖くないという人もいるくらいで、実際に危険な目に遭うこともほぼありません。
なぜそんなに安全なのかと言うと、まず欧米の国々よりも銃規制が厳しく、他の国でたまに聞く銃乱射事件などはほとんどないのです。

また未成年に対する法律の厳しさも特徴的で、オーストラリアへ18歳未満の人が留学する際は滞在先がホームステイにのみ限定されます。
さらに未成年がいる家庭は警察や政府による厳しいチェックが義務付けられており、留学生をしっかりケアしていることが分かるでしょう。

多民族国家でたくさんの文化に触れられる!

語学留学をする際にはやっぱり現地の言葉に触れられる環境と言うのが大きなメリットとなります。
中でもオーストラリアは移民が多く、また受け入れ態勢も充実しているため、さまざまな国籍の人がいて、その分多様な文化に触れられるチャンスでもあるのです。

留学生にも温かく接してくれ、また多くの人が親切なので、積極的に話しかけたり交流したりすることができるでしょう。
ただ、日本人も結構多く留学していることもあるので、せっかく留学しているのであれば日本人と日本語で話すのではなく、より多くの人と英語などで交流してみてください。

暖かくて過ごしやすく、時差もほとんどない

留学生でたまにあるのが、元の国の気候や時差と違いが大きすぎて体調を崩してしまうというトラブルです。
日本からオーストラリアは比較的近く、また時差がほとんどありません。

季節は真逆になってしまいますが、オーストラリアは比較的温暖で過ごしやすい気候なので、そういったトラブルも少なくなります。
時差がほとんどないことのもう一つのメリットとして、日本にいる家族や友人と電話したりする際も時間をあまり気にしなくて良い点です。
都合のいい時間を予測しやすいので、気兼ねなく電話をかけたりSNSでコミュニケーションをとることができます。

予定変更の可能性がある語学留学には片道航空券

語学留学で重要な発着時刻

語学留学オーストラリアに行ったときには格安航空券の手配をしました。そのときに最安値のものを選ぶのではなく、留学プログラムを参照して適切な発着時刻を選んでおいたのは正解でした。

入学日の夕方の事務が開いている時刻までに現地に到着するには昼前には空港に到着していなければならず、帰りについても朝に行事があったので夕方以降の便である必要がありました。それを確認しておいたのでその日に発着の最安値のフライトを選ぶという失敗はしませんでした。

現地の空港への到着時刻がやや遅れても余裕があるように朝に到着するフライトを選んだのは正解で、本当に40分ほどフライトが遅れてしまっても安心して学校まで向かうことができました。

片道航空券を購入するのがベター

帰りの便については計画的にフライトを遅めにしてありましたが、結果的に見るとあまり意味がありませんでした。語学留学中に気をつけなければならなかった点がもう一つありました。カリキュラムの変更があり得るということです。

往復で購入した方が安い格安航空券だったので帰りの便も予約してしまいましたが、OPENの往復航空券を用意するか、片道航空券にしておいた方が良かったと公開しました。二日ほどカリキュラムが長引いてしまうことになったので、フライトの変更をしなければならなかったのです。

予約の変更を手数料を払えばできるタイプの格安航空券だったので助かりましたが、払い戻しもできないタイプのものを選んでいたらもっと後悔していたと思います。

荷物についての注意点

語学留学の際には行きの荷物が少なかったので受託手荷物を必要としませんでした。ただ、格安航空券のオプションとして受託手荷物も20kgまで預けられるものを選んでいました。帰りに荷物が増えそうな気がしていたからでしたが、結果的にはお土産が増えた程度で特に手荷物を預ける必要は生じませんでした。

無駄にオプション料金を払うことになってしまったので、必要が生じたときにオプションを申し込めば良かったと後悔しています。

ただ、フライトの総額から考えると大した金額ではなかったのも確かです。荷物が増えても大丈夫という安心を持ってお土産を買うこともできたので、決してオプションを申し込んでおくのは悪いことではなかったでしょう。

語学留学のときに活躍する国内LCC

語学留学で役立つ費用面のメリット

格安航空券留学できると留学費用が大幅に削減できます。東南アジアを代表とするアジア諸国への語学留学を行う場合には欧米への留学に比べると費用が少なくて済むのがもともとのメリットです。物価が低いので生活費も安く、学費も一般的には欧米よりも低めになっています。

それに加えて交通費が安くなりやすいのがメリットであり、格安航空券を選ぶと片道でも数万円単位で安上がりにすることが可能です。

国内LCCではサービスも日本語になるので快適にフライトを利用することができるというメリットもあります。語学留学が初めてで不安があったとしても問題はなく、現地についての情報を調べながら語学留学先に到着することができるでしょう。

発着時刻におけるメリット

国内のLCCを利用して格安航空券を手配していくと語学留学にはもう一つのメリットがあります。行き先にもよりますが、発着時刻について語学留学をするときに適しているものが見つけやすいのが特徴です。早朝に到着したり、夜中に現地を出発したりできるのは初めての国に語学留学に行くときには心強いでしょう。

早朝に着くと留学先の学校に辿り着くまでに時間的な余裕があります。午前中に手続きが必要な場合でも前泊する必要はありません。

同様のことが言えるのが帰りのフライト時刻の遅さであり、出国時に手続きでトラブルが発生しても間に合わせられる可能性が高くなります。

私の場合には卒業時に寮の費用精算にトラブルがあって二時間ほどかかってしまいましたが、何事もなく予定通りのフライトで帰れました。

繁忙期を避けるとメリットが倍増

語学留学観光旅行の繁忙期と時期をずらすことができます。それによって国内LCCから格安航空券を確保するメリットが倍増する可能性があるのが魅力です。

私が格安航空券を手配したのはセール商品が出回ってきたからでした。通常の割安な価格よりもさらに三割ほど安い価格になっていたので、その場で即決して手配したのです。行きの便しかこのようなお得な手配はできませんでしたが、場合によっては往復ともに用意することができるでしょう。

繁忙期から少しずらして破格で格安航空券を販売しているLCCは多いので、語学留学のときには可能であれば時期をずらした方がメリットが大きくなります。

私が留学したときには10月の半ば頃を選びました。ちょうど繁忙期が終わった頃でLCCからセールが行われて破格で購入できたのは良かった点です。