ニュージーランドでクイーンズイングリッシュを学ぼう!

ニュージーランドは、日本のように四季がありますが、1年を通して比較的温暖な気候です。
豊かな自然に恵まれ、治安も良いので人気の語学留学先となっています。
今回は、ニュージーランドへの留学の特徴などを紹介します。

ニュージーランド留学の特徴

ニュージランドの語学学校では、国からの認定がないと留学生の受け入れができません。
そのため、国に認定された学校で学ぶことができるので、充実した教育を受けることができます。

また、ニュージーランドの語学学校では訛りや癖のないイギリス英語を学ぶことができるので安心できるポイントになります。
英語といっても国や地域によって発音や言い回しが異なる場合が多いので、綺麗なイギリス英語を学ぶには最適の環境が整っているのです。
語学以外にも、福祉教育なども学ぶことができるので、インターナショナルな職場で働くための実力を身につけることも可能です。

語学学校の種類

ニュージーランドの語学学校には、私立の学校と専門学校や大学の付属の語学学校の2つがあります。
私立の語学学校では、短期留学のプログラムが充実しています。
幅広い年齢層の学生がいるのも私立の語学学校の特徴です。

また、マリンスポーツなどのアクティビティが豊富にあるという特徴もあります。
楽しみながら英語を学びたい人にオススメですが、本気で英語を身につけたい場合は日本人留学生が少ない学校を選択すると良いでしょう。

付属の語学学校では、1つのコースに定められている期間が比較的長く、入学日も指定されています。
進学のために真剣に学ぼうとする学生が多いという特徴があります。

専門学校や大学の施設を使うこともできるので、現地の学生との交流の場を持ちやすい環境にあり、私立の学校よりも語学力のアップを期待することができると言えるでしょう。
それぞれの学校に特徴があるので、どのようなプログラムがあるのかを知るためにもパンフレットを取り寄せることで、自分に合った留学先を見つけることができるはずです。

おわりに

鈍りや癖のないイギリス英語をきちんと学ぶことができる環境はとても魅力的です。

しかし、語学留学するには、それなりに費用が必要になります。
現地での生活を充実させるためにも、格安航空券を手配し交通費を抑えることで、学費や生活費を増やすことをオススメします。

語学留学してドイツ語を学ぼう!

ドイツ語は、世界的にも話者人口の多い国です。
日本でも身近なところでドイツ語を耳にすることも多いのではないでしょうか。

ドイツ語を習得したいのであれば、やはり本場ドイツで語学留学を学ぶのが一番です。
今回は、ドイツで語学留学をするために必要な費用やプログラムについて紹介していきましょう。

ドイツの語学留学の特徴は?

ドイツ語がが公用語に指定されている国は、ドイツ以外にオーストリア、スイス、ベルギー、オランダなどがあります。
「カルテ」「アレルギー」「アルバイト」などドイツ語からきた言葉は日本でも日常的に使われています。
ドイツ語の特徴は、日本語と比較すると発音がハッキリしているという点があげられるでしょう。

また、英語と少し似ている要素もあるので、比較的語学を学んでいる方も多いようです。
ドイツ語を学ぶためには、語学学校に通ったり大学付属の語学コースを選択して学ぶといった方法があります。
その場合は、入校前にレベル判断のためのテストが行われるでしょう。
自分の語学レベルに合わせて授業をスタートさせるようにするためのテストです。

🇩🇪 #germany #lübeck #trip #photooftheday #travel #ドイツ語 #ドイツ留学

sarangさん(@luv6699)がシェアした投稿 –

留学前に下見をしておきましょう。

ドイツには様々な都市が存在しますが、都市によってドイツ語の特徴やなまりなどがあり、街の雰囲気も異なります。
自分にとって生活しやすい留学先を選ぶためにも、入校する前にドイツで下調べをしておくことも大切です。
当然、移動のための費用もかかってしまうのでできるだけ出費がかさまないよう、格安航空券を利用してみた方が良いでしょう。

<体験談>ベルリン校は初めての留学でも安心

国内最大の都市ベルリンには魅力的な留学先がたくさんあると思います。
私は、ベルリンでインターンシップに参加してきました。

語学留学は初めてでしたが、準備コースでトレーニングできる時間があるからとっても安心ですよ。
地元のコミュニティと溶け込み合いながら体験できるので、就活にも有利になると思います。
例えば、面接練習や履歴書の書き方、現場で役立つ実践練習などもりだくさんです。

滞在先は、学生寮かホームステイにしようか迷いましたが、ドイツの文化にできるだけ触れた生活がしたかったのでホームステイを選びました。
温かな雰囲気の中で自由に行動できるので、自分で計画を立てながら生活していました。

お隣国だから気軽に行ける!本場韓国で学ぶ語学留学

最近は、日本にいながら韓国語を学べる環境が増えてきました。
しかし、韓国語を学ぶだけじゃなく本場韓国の生活環境や文化に触れながら語学留学してみたいという人も多いでしょう。
韓国は、日本の隣の国に位置するため、飛行機で2~3時間ほどのフライトで行き来できるので非常に便利です。

時差もほとんどないので、費用や精神的な面でも気軽に訪れることができるのではないでしょうか。
ここでは、韓国の語学留学のための費用や特徴などについてご紹介していきます。

韓流ブームをきっかけに興味を示す人が急増中!

少し前から日本は韓流ブームに火がつき、未だその勢いが収まらない状況にあります。
韓国ドラマや音楽が好きという人は、ますます韓国に興味や関心がわいてくるのではないでしょうか。

韓国で韓国語を学ぶためには、民間の語学学校に通うか大学付属の語学学校に通うといった方法があります。
韓国語を学ぶのと一緒に本場韓国でプライベートを楽しみたいという人は、民間の語学学校に通うのがオススメです。
民間の場合は、授業が午前か午後に分かれていることが多く、自分の時間をたっぷり確保することができるでしょう。

アカデミックな環境で学びたい人は大学付属の語学学校へ

純粋に韓国語の学問的なことを学びたいという人は、大学付属の語学学校に行くのがオススメです。
プログラムは基本1学期単位で構成されていますが、中には3週間くらいのコースも実施しているので短期の留学も可能です。

韓国語は比較的日本と文法が似ているので、習得しやすい語学でもあります。
短期滞在を希望するか、長期滞在を希望するかで費用やプリグラムの内容が変わってくるので興味がある人はじっくり検討してみてください。
短期で集中的に語学を学ぶ場合は、一回の渡航で済ませることもできます。

韓国行きのベストシーズンを狙えば、往復で1万円くらいで行くことができる格安航空券もあります。
長期に渡り留学する場合は、片道分の航空券を購入して行くと良いでしょう。

おわりに

語学留学と一緒に韓国文化も楽しみたいという方は、滞在中に生活様式や物価、ものの考え方など様々な文化に触れてみてはいかがですか。
旅行では得ることができない体験を、たくさん学ぶことできるのが語学留学の魅力です。

留学の前に確認を フランスのマナー

フランスを始めとするヨーロッパの国々には、日本とは全く異なるマナーがあります。
知らない内にマナー違反をしてしまい、「失礼な人だ」と思われてしまうこともあるでしょう。
語学留学をする際は、マナーについて事前に勉強しておくことが重要です。

お店に入る際も挨拶を

フランスは挨拶を重視している国です。
レストランなどのお店に入る時は「Bonjour(こんにちは)」、出る時は「Au revoir(さようなら)」、注文した品物が運ばれてきた際は「Merci(ありがとう)」などの挨拶をきちんと行うようにしましょう。
日本では、お店ではあまり挨拶をしませんが、フランスでは挨拶をしないと無愛想・失礼な人だと思われてしまう場合があります。
挨拶やお礼はしっかりとしておくようにしましょう。

食事は音を立てずに静かに

日本では、音を立ててお茶を飲んだり、麺をすすったりする文化があります。
しかし、この文化は世界的に見てもかなり特殊なものです。
フランスでも、飲食の際に音を立てることはマナー違反とされています。

周囲の人を深いにさせてしまうこともあるので、注意が必要です。
また、食器がぶつかる音などにも注意しなければなりません。
カジュアルな席ではそれほど問題にならない場合もありますが、フォーマルな席ではなるべく音を立てないようにしましょう。

チップは必要に応じて

日本人が海外に行く際、最も悩むのがチップだと思います。
しかし、フランスではチップはそれほど重要視されていません。
レストランやホテルなどの料金にサービス料も含まれているので、絶対に渡さなければならないというわけではないことを覚えておきましょう。

ただし、高級レストランの場合は、食事代の10%程度を目安にチップを支払うのが一般的です。
カジュアルなお店では基本的に必要ありませんが、料理や接客が気に入った時はチップを渡すとスマートです。
おつりを受け取る際、1~2ドル程度をお礼と一緒に残しておくと良いでしょう。

フランス留学は格安航空券の利用がおすすめ

フランスへ語学留学をする際は、格安航空券の利用がおすすめです。
格安航空券を利用することで、留学にかかる費用を削減することができます。
フランスへの航空便は複数あるので、事前にしっかりと確認し、航空券を予約しておくようにしましょう。

中国に語学留学する際は注意 気を付けたい食事のマナー

留学先では、その国の文化やマナーを尊重することも重要になります。
特に、食事は人間関係を豊かにする上でも重要なことです。
中国で食事する際に注意したいマナーを見ていきましょう。

フォーマルな食事の席では、料理を少し残すことがマナー

中国では、料理を少し残すことが「お腹いっぱい食べられました」というサインになります。
残さず食べてしまうと「料理の量が不十分だった」とアピールしているように捉えられてしまうこともあるのです。
フォーマルな食事の際や、宴会の席では、残さずきれいに食べるのではなく、少量残しておくようにしましょう。

ただし、一般家庭の料理やレストランなどで食事する際は、現地の人も残さずに食べることが多いです。
状況に応じた食事マナーを心がけることが重要です。

「おいしい」は最後に

食事がおいしかったことを伝えるのは食後にしましょう。

日本では一口食べてからすぐに伝えることもありますが、食事中に頻繁に「おいしい」と言うことは、中国では恥ずかしいこととされています。
食事が終わってから、「さっきの料理はおいしかったです」と言うようにしましょう。

宴会は長時間に渡って行われることも

中国では、2~3時間以上に渡って宴会が開かれることがしばしばあります。
宴会に招かれた際は、長時間の滞在となることを予想しておきましょう。

途中で退席しなければならない時は、宴会の主催者や周囲の人に声をかけ、宴会の席を乱さないように速やかに退席します。
きちんと挨拶をすることを忘れないようにしましょう。

皿を持ち上げてはいけない

サラダや料理を取り分ける際に、皿を持ち上げることもあるかと思います。

しかし、皿を持ち上げることは中国では良くないこととされています。
少し難しく感じるかもしれませんが、皿を持ち上げないで食事することに慣れておくようにしましょう。
ただし、茶碗は例外として持ち上げても良いとされています。

中国留学の際は、格安航空券の利用がおすすめ

中国には、日本とは異なるマナーが多数あります。
事前に留学先のマナーを確認して、語学留学を充実したものにしましょう。
中国へ行く際は、格安航空券の利用がおすすめです。

格安航空券なら、通常の航空券よりも安価に購入することができます。
中国への航空便は多数航行しているので、比較検討すると良いでしょう。