ニュージーランドでクイーンズイングリッシュを学ぼう!

ニュージーランドは、日本のように四季がありますが、1年を通して比較的温暖な気候です。
豊かな自然に恵まれ、治安も良いので人気の語学留学先となっています。
今回は、ニュージーランドへの留学の特徴などを紹介します。

ニュージーランド留学の特徴

ニュージランドの語学学校では、国からの認定がないと留学生の受け入れができません。
そのため、国に認定された学校で学ぶことができるので、充実した教育を受けることができます。

また、ニュージーランドの語学学校では訛りや癖のないイギリス英語を学ぶことができるので安心できるポイントになります。
英語といっても国や地域によって発音や言い回しが異なる場合が多いので、綺麗なイギリス英語を学ぶには最適の環境が整っているのです。
語学以外にも、福祉教育なども学ぶことができるので、インターナショナルな職場で働くための実力を身につけることも可能です。

語学学校の種類

ニュージーランドの語学学校には、私立の学校と専門学校や大学の付属の語学学校の2つがあります。
私立の語学学校では、短期留学のプログラムが充実しています。
幅広い年齢層の学生がいるのも私立の語学学校の特徴です。

また、マリンスポーツなどのアクティビティが豊富にあるという特徴もあります。
楽しみながら英語を学びたい人にオススメですが、本気で英語を身につけたい場合は日本人留学生が少ない学校を選択すると良いでしょう。

付属の語学学校では、1つのコースに定められている期間が比較的長く、入学日も指定されています。
進学のために真剣に学ぼうとする学生が多いという特徴があります。

専門学校や大学の施設を使うこともできるので、現地の学生との交流の場を持ちやすい環境にあり、私立の学校よりも語学力のアップを期待することができると言えるでしょう。
それぞれの学校に特徴があるので、どのようなプログラムがあるのかを知るためにもパンフレットを取り寄せることで、自分に合った留学先を見つけることができるはずです。

おわりに

鈍りや癖のないイギリス英語をきちんと学ぶことができる環境はとても魅力的です。

しかし、語学留学するには、それなりに費用が必要になります。
現地での生活を充実させるためにも、格安航空券を手配し交通費を抑えることで、学費や生活費を増やすことをオススメします。

語学留学してドイツ語を学ぼう!

ドイツ語は、世界的にも話者人口の多い国です。
日本でも身近なところでドイツ語を耳にすることも多いのではないでしょうか。

ドイツ語を習得したいのであれば、やはり本場ドイツで語学留学を学ぶのが一番です。
今回は、ドイツで語学留学をするために必要な費用やプログラムについて紹介していきましょう。

ドイツの語学留学の特徴は?

ドイツ語がが公用語に指定されている国は、ドイツ以外にオーストリア、スイス、ベルギー、オランダなどがあります。
「カルテ」「アレルギー」「アルバイト」などドイツ語からきた言葉は日本でも日常的に使われています。
ドイツ語の特徴は、日本語と比較すると発音がハッキリしているという点があげられるでしょう。

また、英語と少し似ている要素もあるので、比較的語学を学んでいる方も多いようです。
ドイツ語を学ぶためには、語学学校に通ったり大学付属の語学コースを選択して学ぶといった方法があります。
その場合は、入校前にレベル判断のためのテストが行われるでしょう。
自分の語学レベルに合わせて授業をスタートさせるようにするためのテストです。

🇩🇪 #germany #lübeck #trip #photooftheday #travel #ドイツ語 #ドイツ留学

sarangさん(@luv6699)がシェアした投稿 –

留学前に下見をしておきましょう。

ドイツには様々な都市が存在しますが、都市によってドイツ語の特徴やなまりなどがあり、街の雰囲気も異なります。
自分にとって生活しやすい留学先を選ぶためにも、入校する前にドイツで下調べをしておくことも大切です。
当然、移動のための費用もかかってしまうのでできるだけ出費がかさまないよう、格安航空券を利用してみた方が良いでしょう。

<体験談>ベルリン校は初めての留学でも安心

国内最大の都市ベルリンには魅力的な留学先がたくさんあると思います。
私は、ベルリンでインターンシップに参加してきました。

語学留学は初めてでしたが、準備コースでトレーニングできる時間があるからとっても安心ですよ。
地元のコミュニティと溶け込み合いながら体験できるので、就活にも有利になると思います。
例えば、面接練習や履歴書の書き方、現場で役立つ実践練習などもりだくさんです。

滞在先は、学生寮かホームステイにしようか迷いましたが、ドイツの文化にできるだけ触れた生活がしたかったのでホームステイを選びました。
温かな雰囲気の中で自由に行動できるので、自分で計画を立てながら生活していました。